Staff Blog

カラーリーフで日陰でも華やいだお庭に。

こんにちは♪

暖かいを通り越して暑い!!と感じる日が増えてきました(/ω\)

夏のような日差しで、もうこの時期から日焼けしそうです。。

今日は『カラーリーフで日陰でも華やいだお庭に。』ということで、色彩豊かな色とりどりのカラーリーフについて♪

↓↓こちら、見かけたことありませんか??

ヒューケラ(和名:ツボサンゴ)という、バラエティ豊かな葉色が魅力的なリーフプランツです。

ヒューケラはユキノシタ科の常緑多年草で、一年中葉を付けています。

時期によって枯れて無くなってしまうことも無いため、お庭や花壇、そしてプランターにとても取り入れやすいと言えます。他の草花との相性も良いため、様々な場所で使われています。

特徴的な葉っぱの形と種類豊富な色は、他に類を見ません。

可愛い見た目のものや上品な見た目のものなど、ヒューケラには様々な葉色のものがあり・・

-鮮やかな赤色-

-キャラメル色-

-パープル-

…ほんの一部ですが、他にも様々な色をもつカラーリーフなんです。

主に葉を楽しむヒューケラですが、花の美しい品種もあります。
5月~7月中旬になると、長く伸びた花茎から総状花序を出し小さな花を多数咲かせます。
花は花径0.5~1㎝程度で壺形。この事からツボサンゴという名前がつけられたそうです。

植物には日光が必要なものが多いなか、ヒューケラは耐陰性があるので家の北側や建物と建物の間などにも植えることができます。

特徴的な葉っぱの形と種類豊富な色、 可愛い見た目のものや上品な見た目のものなど、ヒューケラには様々な葉色のものがあります☆

ガーデニングがお好きな方にとってはメジャーな植物かもしれませんね^^

日のあたりにくい建物まわりや北面も、カラーリーフで彩ってみるのはいかがでしょう♪

obata

obata

Symphonic Garden 設計・営業サポート 好きな事:バスケットボール、パンづくり、近場の温泉巡り *お庭のことなど、シンフォニックガーデンへお気軽にご相談ください(^^♪