Staff Blog

エントランスに彩りと安心を与えてくれる門扉

数日前、世間に混乱を招いたトイレットペーパー買い占め問題。今なお続く所もおありでしょう・・・

あろうことかこの情報が出た日、何も知らず普通にトイレットペーパーがなくなりドラッグストアに買いに行った私の母は、あらゆるトイレットペーパーやティッシュペーパーが棚から消えている現象に遭遇しオドロキ・モモノキ・サンショノキ状態。

お昼に携帯を見ると、おびただしい数の母からのメールを受信していました💦

「トイレットペーパーはどこへ?」

「トイレットペーパーが棚から消えてるー!!」

「オイルショック??」

「なに?なんで?なんでないの・・・」

などなど。

デマ情報さえも知らずに行ったもんで、余計に混乱したのでしょうね、、、

「新居に丸々あるから持ち帰ります」という私の返事でやっと落ち着きました☺

が、ストーカー並みのメールの数にはちょっとビックリしました。ヤレヤレ・・・

早く収束を迎えるといいですね。

さて、今日は先日とあるマンションの屋外エントランス入口に設置させていただいた、フレンチテイストの扉を紹介します。

依頼内容

賃貸マンションのオーナー様の娘さんよりお問い合わせをいただき、マンション入口に扉を設置されたいというご要望の下現地でお会い致しました。

屋根はありながらもマンション入口の扉がずっと奥に設置されており、敷地への進入がし易い状況にあるこの場所。

実際に、入居者以外の敷地への進入があったり、ゴミの置き帰りのようなことがあったりと悩まれておられました。

その為、ちょうどタイルの始まる辺りに門扉を設置して、少しでも他者が進入を躊躇う要素を造りたいとの事で今回扉を設置することとなりました。

使用商品

建物のシンプルな白いタイル張りの外観に少し彩りを加えたいとのことで、いくつかの種類を提案させていただき一目惚れ的に選択された商品がコレです↓

LIXIL 開き門扉AA TS2型

サイズは1.6mの間口の合わせて、両開きタイプを取り付けます。

高さは、侵入防止などの防犯も兼ねているので、少し高め1.4m仕様で決定です。

そして、扉のアクセントとなっているアルミ鋳物のパネルは、4種類のデザインから選ぶことができます。

今回選ばれたのはリーフのパネルでした☺

このパネルによって、背の高い門扉でも圧迫感が緩和され風も程良く抜けるのでお薦めです。

カラーバリエーション

開き門扉AAの更なる魅力は、リアルな木質感を追求した豊富な木目のカラーバリエーションです。

定番カラーの4色はこれまで通り、安定のどんなデザインにも合わせやすいスタンダードカラーとして健在。

クリエラスク     クリエモカ     クリエダーク     エクリュアイボリー  

     

これに加えて、新色が追加され選択の幅がより一層広がっています。

チェリーウッド    ラスティックオーク   オーク

  

木調色を選ぶときに、意外とこういったくすんだ色味の展開ってないんですよね・・・

といつも感じていたので、この新色のラインナップには少し興奮しました。

柱は、同じようにラッピングカラーで合わせる事もできますし通常のアルミカラーで柱と扉の色を分ける事も可能です。

完成

そして、先日無事に設置された扉の様子です。

1.4mの高さのおかげで程良い重厚感もありつつ、明るいカラーとパネルのおかげで圧迫感は感じられませんでした。

いざ進入されても、頭の動きなどが見える高さであることもポイントです!!

オーナーであるお母さまも「鍵かけるわけではないけど、扉がつくだけで安心感が全然違う」と仰ってくださいました。

まとめ

シンフォニック・ガーデンでは、このような門扉の設置工事等の単品工事もお客様の意図やご要望に沿ってよりご希望に合った提案をさせて頂いております☺

現在開催中のカーポートフェアもご参考に、ちょっとしたことでもぜひご相談くださいね。

カーポートフェアの詳細はココをクリック☚

nagano

nagano

Symphonic Garden 営業 何気ない日々の暮らしにちょっとした楽しみと喜びを感じられる そんなお庭をお届けします。