Conservatory – Gardenup

コンサバトリー、それは英国貴族由来の特別な場所。
あふれる光をあびながら、くつろぎの時間を。

コンサバトリーとは、元々ガラスで囲まれた温室のことをいいます。サンルームやガーデンルームよりも庭にはり出し、住空間としての機能を重視しているのが特徴で、ガラス越しに太陽光をたっぷりと取り入れます。屋外と屋内の中間的な空間で、植物に囲まれながら食事やくつろぎのスペースとして活用されています。
語源はConserve(保存)に由来し、18世紀頃に南欧から持ち帰ったフルーツの保存場所として建てられたのが始まりと言われています。イギリスでは植物のための温室として発展し、やがて生活空間の中に取り入れられるようになりました。

代表的なスタイルには、英国の各王朝時代に由来する名称がついています。

  • Georgian Style

    ジョージ王朝時代(18〜19世紀中頃)
    正面5面の多角形スタイル『ジョージアン』
    巾約900mmあるパネルはフレームはゆとりの視界が広がり、まわりの植栽がよく見渡せます。

  • Victorian Style

    ジョージ王朝時代(18〜19世紀中頃)
    正面5面の多角形スタイル『ジョージアン』
    巾約900mmあるパネルはフレームはゆとりの視界が広がり、まわりの植栽がよく見渡せます。

  • Edwardian Style

    エドワード王朝時代(20世紀初頭)
    四角形で日本家屋の寄棟屋根に近い『エドワーディアン』
    違和感のない重厚さと同時に新しさも感じます。内部のコーナースペースが広く活用でき、インテリアも余裕を持って設置できます。

フルオーダーで無限に広がる可能性

状況に応じてあらゆるスタイルに対応

まずはお客さまのご要望をお聞きし、実現に向けたご提案をいたします。人の動線、日当たりの具合とその向き、風通しや積雪など。あらゆる要素を考慮した上で基本設計を行います。色、ガラスのグレード、インナー装飾にいたるまで、すべてがフルオーダー可能です。この世に2つとないお客さまだけのカスタムスタイルのコンサバトリーが完成します。

快適な空間を保つために

1日または年間を通して、コンサバトリーを長く快適にお使いいただくためには、太陽の光・熱と動きを十分考慮することが重要です。より快適な空間を維持するために生まれた先進技術による換気機能と、快適性を追求した素材やオプションをご用意しております。

英国の温室が原点だからこその高い機密性と断熱性

すべてのグレードに高性能ペアガラスを使用

シンフォニック・ガーデンが施工するコンサバトリーには、すべてペアガラスを採用しています。
断熱性の高いセルフクリーンガラスというだけでなく、夏は日差しと熱の侵入を抑え、冬は熱損失を少なく断熱効率を上げます。そして最大限に光を取り入れることが可能です。

セルフクリーン(自然浄化)ガラス
セルフクリーンガラスは4つの効果を有する特殊効果を施した高機能ガラスです。
●遮熱効果
●自然浄化効果
●断熱効果
●安全効果
外面に施された特殊コーティングは、日光が有機物で構成される汚れ(鳥の糞など)を自然分解し、雨がそれを洗い流します。
また、水切りが早く、乾き水跡も減少されるので、コンサバトリーすべての窓に理想的です。

適切な構造部材による高い機密性

お客さまへご提供するコンサバトリーは、長年培った様々なルールと計算にのっとった専用のデザインソフトで、ひとつ一つ設計されます。そのため設置状況に対して正確に製造された部材が供給され、ハイレベルな強度と機密性を実現できるのです。

結露を抑える様々な技術

リッジ換気システム

室内を上昇した熱気を上部棟木(リッジ)から自然に排出します。

軒下換気調整ガラリ(イーブスフロー)※オプション

側面パネル上部とルーフをつなぐ箇所に内蔵された換気システム。スライド式のオン・オフスイッチ付き。

屋根通気窓※オプション

側面パネル上部とルーフをつなぐ箇所に内蔵された換気システム。スライド式のオン・オフスイッチ付き。

側面70mm樹脂(PVC)フレーム

樹脂製の70mmフレームを採用。アルミフレームに比べて熱伝導率が低く、結露を抑えながら室内の熱損失を軽減します。

弊店にて実物をご覧いただけます


  • シンフォニック・ガーデン広島

広島のディーズシェッドカンナ購入・設置はシンフォニック・ガーデンへ