Our Works

ウッドデッキリフォームで
安全・快適なくつろぎ空間

天然木のウッドデッキの老朽化のため、リフォーム依頼をいただいたので、樹脂製のウッドデッキをご提案させていただきました。

 

今回ご提案したのは、三協アルミのラステラという樹脂デッキです。床板1枚の幅が通常製品よりも太く、しかも板と板のすき間を塞ぐ構造になっています。床下部分も見えにくいので、とてもスマートでおしゃれなデッキ空間に仕上がりました。

 

【Before】

リフォーム前の木製ウッドデッキの写真です。
 
 

木製のウッドデッキを撤去して、人工木ウッドデッキ(三協 ラステラ 床張り出し納まり)へリフォームです。
 
床面が大きく張り出すタイプですので、ウッドデッキを支えている柱(束柱)が見えにくくなっておりますので、宙に浮いているような感じでカッコ良い仕上りです!
 
 

通常の樹脂デッキに比べ床板の幅が広く設定されいますので、大変見栄えが良いデッキです。
 
また、床板と床板のすき間もアルミ製の目地材が入る設計となっておりますので、小物が落ちたり躓いたりする心配もございません。

ウッドデッキの横にはゆっくりと寛げるカフェスペースを新たに設けました!
 
天然石の乱形石貼りとサークル平板・人工芝を組合わせたデザインでまとめました。
 
 

リフォーム前は少し暗かったお庭が人工芝の鮮やかなグリーンでとても明るいお庭空間になりました。