お庭の景観を損なわない侵入防止対策

いよいよ新学期のスタート。

残念ながら、桜が散ってしまった地域も多く入学式を桜の花と共に迎えられない学校も

沢山あると思いますが、何はともあれ真新しいスタートとなる1日!

今日が入学式という学生さん達、誠におめでとうございます。

という事で、私が23歳(今から○○年前・・・)の時この世に誕生した甥も

今日から花の高校1年生となりました。

朝「今日から無事に高校生・・・おめでとう。」とLINEをしたら

IMG_0336↗こんな訳の分からないスタンプを送ってくるユーモアに富んだ(どこが?笑)愛すべき甥です。

さてさて、未だ寒暖の差が激しい日があるもShymphonic Gardenの庭には

新緑の季節を伝える鳥もチラホラ。

IMG_0332

新学期と共に新しい環境で新生活を迎えられ、その土地や環境にこれから慣れていかれる方も

きっと多いこの季節。

治安や地域の決まり事、隣人関係など・・・色々気になり落ち着きませんよね。

そんな不安な気持ちをひとつでも拭うべく、他者や車両等の敷地への侵入抑止対策として

OnlyOneのチェーンポールを紹介します。

しかも、外回りやお庭の景観を崩すことのないオシャレなやつです。必見です。

*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆*・゚・*:.。.*.。.:*・☆

昭和の完全クローズ外構の主流から少しずつオープン外構に主流の波が移ってきて

近頃また敷地と外部の空間を緩く仕切り始める傾向が見受けられるようになりました。

昭和のクローズ外構の意図は、そもそも住宅そのものが木造の日本家屋という中で

純和風ではないもののその住宅に見合った和風の庭や庭木を生かしてきたデザインに

相当する故かと思います。

70168123_PW36

それに対し、昨今のセミクローズ化は「防犯対策」の要素が強いように感じられます。

建物廻りのほとんどをオープンにした時の、利点と不利点が露呈してきている

現われかもしれませんね。

あとは、敷地前の道路が交通量が多いわりに幅が狭く、角地などに住む人は特に

家廻りを塀などで囲っていなかった為に離合やカーブの際に車両が敷地に侵入してくる

という場面に多々遭遇するようです。

かといって、それを防ぐために塀を立てたりフェンスをつけたりとなると

今度は住む人にとって使い勝手が悪くなる場合があります。

そんな時に「ここは人の敷地ですよぉ~」「勝手に侵入しないでね~」と暗黙のルールを

作ってくれるのが、チェーンポールです。

見た目にあまり固執しない場合は、ステンレス製のシンプルなもので十分その力を

発揮してくれます。

今日、紹介するタイプはお庭や外観の見た目を損なわないオシャレなタイプのものです。

アルミチェーンポール

only_m_acp_02アルミにクラシカル装飾を施したチェーンポールの為、軽量且つサビの心配のないのが◎

チェーンもアルミのチェーンに加え、ロープタイプも選ぶことができます。

重厚な見た目が、エレガントやアンティークな雰囲気を演出してくれますよ。

04281018_590298621feafチェーンをつけるフックのバリエーションも豊富です。

アンティークブリックスポール

x1車止めでも採用されているアンティークブリックススプレッドを使い作られたレトロ感溢れる

レンガのチェーンポールです。

15160501チェーンポールとしては、ちょっと贅沢で見るに溜息の出るデザインです。

レンガポール廻りのデザインや植物によってリゾート風な雰囲気もでそうですよね。

特におススメの2点を今日は紹介させていただきました。

知らない人にズカズカ入られたくないなぁ・・・

離合で侵入されて余計なタイヤ跡とかで汚されるの嫌だなぁ・・・

と負の気持ちのまま対策を考えがちな境界部分。

ご自分のお気に入りのテイストを盛り込むことで、反対にやって良かったと

感じて頂けるようなご提案を私たちも日々心掛けています。

nagano
Symphonic Garden 営業
何気ない日々の暮らしにちょっとした楽しみと喜びを感じられる
そんなお庭をお届けします。