『なにもない日、ありがとう。』

日々報道されるニュースに、悲しみと同時に改めて『日常』のありがたみを感じています。

私自身含め、恐らくほとんどの方が経験したことのない出来事であり、想像もできません。

そして経験したことがないからこそ怖いものだと痛感しました。

避難指示が出ているにも関わらず、避難すべきなのか…と言いながら実際に行動に移してはいません。

正直、警報に慣れてきてしまっているのかもしれません。恐ろしいことですよね。。

ここで、知識を改めるため確認してみました。

20130801-00010001-wordleaf-0

法的なものではありませんが、与えてくれた情報に対ししっかり考えて行動に移すべきなんですよね。とは言え、大雨の中外に出る危険も感じてしまいます…難しいところ。

以前、ほぼ日手帳というものにハマっていました。

1日1ページになっていて、ページごとに『365日の日々の言葉』というものがあるんです。

このようなもの↓↓

original9_image2_thum

何かを続けることがあまり得意ではない私は、嬉しい出来事があった日、悲しい出来事があった日に、異常なくらい長文を書いてしまいます。異常なくらい(*ノωノ)

今日は書くことないなぁ。。なんて思っていた日、

ー今日の言葉ー『なにもない日、ありがとう。』という1行だけが書かれていました。

そうか。なにもないって幸せなことなんだ。

っということで、空白のページが続きました(‘ω’)

今回のような災害がある度にこの言葉を思い出します。日常のありがたみ。

このたびの豪雨災害で不安を抱えながら過ごしている方々に、

1日でも早く日常が取り戻せる事を心から願っております。

obata
Symphonic Garden 設計・営業補助

好きな事:バスケットボール、パンづくり、近場の温泉巡り

*お庭のことなど、シンフォニックガーデンへお気軽にご相談ください(^^♪