ナチュラルモダンな庭

三連休の最終日。

今日も空は晴れ渡っています。

外で過ごされる方は、水分や塩分補給をしつつ熱中症に十分お気を付けくださいね。

そんな私も、先日半日ほど現場に張り付いていた日がありましたが

半ば気力で立ってるような状態でした、、、本当にクラクラする暑さ💦

嫌気のさすような炎天下でありながら、現場にとってはありがたい程の晴れ間続き。

悪天候でかなりお待たせしてしまった現場も無事に完工を迎える事ができました。

ナチュラルモダンな庭

ご新築中のお宅の外構プランニングのご相談を頂いてから3ヶ月半。

初見→現地調査→プレゼン(数回)→契約→着工→完成

この流れを踏むのには決して余裕のある時間ではなかったはずですが

ご夫婦の明確なお好みとそれぞれがお持ちになられている外構部分へのイメージに

随分と助けられ、限られた時間の中スムーズにプランが決まっていったI様邸。

IMG_9891

シンプルモダンなお家のデザインに沿い、シンプルで格好良い要素は取り入れつつ

外壁のシャープな印象を少し和らげるようなテイストも含んだ外構に仕上げました。

というのも、当初ヒアリングの際「格好良い感じが好き」というご主人さまに対し

奥様は「イングリッシュガーデンのような雰囲気が好き」との事で少々お好みが

分かれるのだと奥様からお伺いしました( *´艸`)

そこで、それぞれが好む素材を上手に取り入れた折衷デザインができないかな・・・と考え

全体的な構造や色味はシンプルで格好良く、そこに自然素材や緑を取り入れる事で

冷たく無機質になり過ぎないナチュラルモダンなお庭を造らせて頂きました。

モダンデザイン

それでは、シンプルで格好良く仕上げた部分はというと…

まずはお家の入口「アプローチ」のシンボルとなる門袖です。

角をキッチリ取って直線ラインを意識した壁にしました。

周囲の背景に混じってボヤァ~っとならないように塗装のブラックで輪郭をハッキリと。

タイルには、型枠に使用する杉板の板目を忠実に再現したタカショー セラウォールを使用。

縦1.6m横1.2mで存在感も抜群ですが、横に広い敷地なのでこれぐらいの大きさで

造作しないと反対にチンチクリンになってしまいます。

門袖の大きさって結構重要だと思います!

そして、2つめのモダンポイントはシンプルでスタイリッシュな立水栓。

ここに関しては使いやすさと、駐車場の邪魔にならない事が最大のポイント。

車が乗り入れてくる配置ではありませんが、あらゆる角度での駐車の邪魔にならないよう

立水栓のパンは立ち上げないことで決定。

駐車場のコンクリートを一部窪ませて、指定のサイズに加工してもらったグレーチングで

コンクリートとフラットに仕上がるデザイン。もちろん排水も設けてあります。

ブラックの水栓柱とステンレスのグレーチングで格好良さと無骨な雰囲気をプラスです。

そしてなにより、コンクリートの面積が広いのでこれによりかなりシンプルな要素を

演出できているように感じます。

コンクリートの面積が広くなる場合、メリハリを付けたい時には

通常のコンクリートの仕上げと洗い出しのコラボ。

私は、個人的にもこのコントラストがたまらなく好き。

そして、この現場での洗い出しの仕上げが本当に美しかったです。イメージ通り。

(職人さんにハグしたい勢い。その場に居たらきっとしてたな・・・危ない危ない・・・パワハラ言われる・・・)

ナチュラルデザイン

そして、I様のお庭で取り入れたナチュラルな要素はというと。

駐車場のコンクリートに絡ませた自然石の乱形貼り。

お家の入口に面した部分という事もあり、自然石で贅沢な見栄えのするデザインを。

ここはシンプルモダンな外壁に合わせて、和風の庭にもよく使用する鉄平石を採用しました。

雨などで水に濡れると、乾いている時とはまた180°違う表情を見せてくれるのも自然石の

魅力です。

そして、アプローチのコンクリート枕木もナチュラルポイントのひとつ。

周りはヒメコウライ芝と部分的にセダムとヒメツルソバを配置。

このグランドカバーや樹木等の緑を取り入れる事により、雰囲気をグッと柔らかくすることが

できるんですよね。

シンボルツリーはやっぱりアオダモでした。(好きだなぁオイ!って思ってる人、絶対いる・・・)

あとがき

今回に限らず、ご夫婦で好みが分かれたり意見が食い違うことはよく起こります。

そんな時、どちらか一方が我慢するという選択肢ではなく私達プランナーが

それぞれのご要望に対する利点・欠点を精査したうえで、更にお2人の希望を叶えられる

デザインを提案する事がベストな形だと考えています。

今回のI様邸のように、1つの空間にご夫婦の嗜好を取り入れる折衷スタイルもあれば

空間ごとにご家族それぞれのご要望を反映させるというようなスタイルもあります。

一見難しそうな両極端なお好みの融合も、素材の使い方や的確なサイズ・斬新なデザイン等で

素敵な化学反応となりお庭を彩ってくれるかもしれません。

だから、ご夫婦の意見がたとえ割れたとしても決して・・・

あきらめないで!(←真矢みき調で読んで下さいね)

I様、この度は打合せから完工までお忙しい中いつも快くご対応頂きありがとうございます。

天候不良などで長くお待たせしたにも関わらず、ご理解とご協力頂き深く感謝申し上げます。

今後とも末永くお付き合い下さいますよう何卒宜しくお願い致します。

nagano
Symphonic Garden 営業
何気ない日々の暮らしにちょっとした楽しみと喜びを感じられる
そんなお庭をお届けします。