Staff Blog

家族が集まり共に時間を過ごすお庭

【急募!!】

弊社が75年にわたり中心的に庭園の業務を実施してまいりました『縮景園』

広島市の中心部に位置し四季折々の自然豊かな庭園は、多くの方の憩いの場として親しまれています。

今後も将来にわたって継続的に庭園管理業務を遂行するにあたり、このたび1名の人材を公募することといたしました。

 ◆募集領域:縮景園における、庭園維持管理部門の現場責任者

↓↓詳細はこちらでご確認ください

wp-content/uploads/人材公募(2020_04).pdf

名勝庭園として、大名庭園として、高い評価を頂いている縮景園を是非一緒に守っていきましょう!

※『施工管理技術者』・『造園工』・『CADオペレーター』につきましては常時募集を行っております。詳細は下記ページをご覧ください。
http://hirota-zoen.co.jp/recruit

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ついこの間人生2回目の成人式を迎えたと思ったら!!

あの日からあっという間に1年経過してました。時間の経過が年々はえぇーーーーー💦

先日、友人からもホニャララ歳おめでとう祭り(ネーミングセンスの無さ・・・)を開催してもらって実感100%でございます。。

去年は誕生日迎えた途端に、肩が上がらないだの身体だるおも~だの節々に不調が出始めましたが、今年はのっけから負傷です!外傷です!!怪我です!!!厄年かっ!!!?

階段で何の前触れもなく足指があり得ない折れ曲がり方をして・・・診断の結果、打撲でした。

写真は控えますが、社内で上司に「これ、折れてませんよね?」って足指見せて回るくらい内出血が発生してテンパりました。えーけぇ、はよ病院行ってくれってハナシよ。ww

さて、雑談はこのくらいにしておいて…毎回前置き長いよねーテヘペロ 今日は、家族が集まり共に時間を楽しむお庭を紹介します。

お庭での家族時間として思い浮かべるのは、やはり休日のBBQではないですか?

これからの季節はまさにBBQにもってこいのシーズン。

おじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さん、そして子供たちが揃って庭でBBQなんて最高に幸せで楽しい時間ですよね♪

そんな幸せな楽しい時間を、更に彩り寛ぎやすい空間にするためのお庭造りを考えてみるのはいかがでしょう☺

今日紹介するお庭も、そんな家族時間をより楽しめるようにというお施主様のご要望のもと出来上がりました。

元々のお庭は、何も施されていないほぼ更地の状態。

雑草の処理が大変になってきたことも、リフォームをご検討されるきっかけになったようです。

構造物などはない状態だったので、比較的手の入れやすい状態のお庭でした。

それでは、家族が集まり共に時間を楽しむお庭ができるまでを見ていきましょう♪

樹脂デッキとテラス屋根

家族が揃いお庭でBBQとなれば、真っ先に必要と感じられるウッドデッキ。

リビングの掃き出し窓からフラットに出入りが出来て、腰掛けたり材料を置いたりできるスペースとして大活躍です。

ということで、こちらのお庭でも樹脂製のウッドデッキをリビングの掃き出し窓に面して設置!!

直射日光や急な雨も防ぐことができるようにデッキ上にはテラス屋根も設置しました。

将来的に2階のベランダに洗濯物を干しに上がり辛くなってきた際には、竿掛け用のフックを取り付けることで物干し場としても活用可能となります。

タイルテラス

窓からの出入りはフラットになったものの、ウッドデッキの高さは地面から50㎝以上上がってしまうので、ウッドデッキを設けた際にはお庭に降りる為の段差の緩和も必要となります。

ただ、階段を付けてしまうとお庭の中では邪魔に感じられたり有効スペースを狭めてしまったりする場合もあります。

なので、今回は樹脂デッキからお庭へ降りる為のステップ兼BBQコンロやテーブルとイスをセッティングできるフロアとしてタイルテラスを設けました。

こうすることで、空間自体も実際よりも広く感じられ開放感を得ることができます。

お隣の窓と面する部分に少し高めの目隠しフェンスを設置した事もあり、あまり圧迫感を感じるお庭にしたくなかったというのも理由のひとつです☺

造作ベンチ

お庭に立体感を加えるべく、お庭で走り回る子供たちがちょっと休憩なんてこともできるようにお庭の中に可愛らしいベンチを造作。

お庭の雰囲気に合わせて、ヴィンテージライクなレンガで脚を立て座面はコンクリート枕木で木の風合いをプラスしています。

辺りを柔らかく照らしてくれるマリンライトを置いて、ナイトシーンも楽しんでいただけます✨

花壇とアプローチ

そして、ベンチと合わせてお庭のもう一つのポイントとなるように、ベンチで使用したものと同じレンガを使用したR型の花壇を造りました。

ここには後に、なるべくお手入れのし易い低木や下草を中心に植栽を施し彩りを加えました。

お庭の中のアプローチといったイメージで、花壇に沿って弧を描いたコンクリートアプローチを設けテラスまでの道筋を描くことによりお庭の中でのストーリーが完成!!

ヴィンテージレンガやレンガチップ、人工芝というように風合いや色合いを含んだ素材を多用しているので、アプローチは敢えてシンプルにコンクリートをチョイス。

簡素になり過ぎるのは・・・という懸念は、ランダムに配置したコンクリート枕木のアクセントにより払拭されました。

連日の雨等で工事をお待たせしてしまったこともあり、まだ実用に至っていないのですが、梅雨が明けてBBQシーズン到来の暁には、ぜひご家族でお庭を満喫していただきたいなぁ~と思っています。

家族が集まり一緒に美味しいものを食べたり、走り回って遊んだり、共に過ごす時間をより彩ることができるお庭造りをこれからも心掛けていきたいです。最後の最後がなんか作文調で…スミマセン…

nagano

nagano

Symphonic Garden 営業 何気ない日々の暮らしにちょっとした楽しみと喜びを感じられる そんなお庭をお届けします。